援交におすすめのアプリ・サイト8選!出会い系で援助交際をするコツや注意点まで解説

「援交をしてみたいけど、どこで出会えるの?」
「安全に援交相手を探すコツはある?」

女性と援交をしてみたいと思っても、相手を探す方法がわからずに苦戦しているという人もいるのではないでしょうか。

援交相手を探す方法はいくつかありますが、安全性の高さを重視して探そうと思うと、方法は限られています。

本記事では援助交際できるという評判の高いアプリをご紹介するとともに、援交の条件相場や援交相手を探すコツ、注意点まで併せてご紹介します。

これから援交しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
アプリ
Jメール

PCMAX

ワクワクメール
会員数900万人1,800万人1,100万人
登録特典1,000円分付与600円分付与1,200円分付与
試してみる(R18)試してみる(R18)試してみる(R18)
目次

援交相手を探せるアプリの特徴

スマホを触る女性

出会い系アプリ

安全に援交相手を探すには、知名度が高く、運営歴の長い出会い系アプリを選ぶのがおすすめです。

運営歴が長く、雑誌やメディアに広告を出しているような有名出会い系アプリは、インターネット異性紹介事業の届出をしており、国から認められています。

安全性の高い出会い系アプリを選ぶには、まずそのアプリがインターネット異性紹介事業の届出をしているかどうかを確認しましょう。

また、ほとんどの出会い系アプリは本人確認書類の提出が義務付けられているため、未成年や業者を避け、安心して利用することができます。

基本的に出会い系アプリでは援交を禁止していますが、出会い系アプリには援交相手を求めている女性が多く登録しています。

管理人

プロフィールや掲示板投稿に援助交際、援交といった単語を使わなければ、十分に援交相手を探すことができるでしょう。

パパ活アプリ

スクロールできます
アプリ
Sugar daddy

ペイターズ
ラブアン
ラブアン
会員数未公表200万人未公表
登録特典会員の8割が20代女性マッチング実績№15,000円プラン3日無料
試してみる(R18)試してみる(R18)試してみる(R18)

パパ活とは、若い女性が金銭的に余裕のある男性と食事やデートをする対価として金銭を受け取ることをいいます。

パパ活は基本的に肉体関係を持たないと定義されていますが、最近では肉体関係ありきのパパ活をしている女性も少なくありません。

肉体関係ありのパパ活は援交とほぼ同じであるため、パパ活サイトで肉体関係ありを希望している女性を探すと、スムーズに援交相手を見つけることができるでしょう。

またパパ活アプリは出会い系アプリと同じく、本人確認書類を提出しないと利用することができないため、安全性が高いといえます。

管理人

パパ活アプリは出会い系アプリに比べると月額料金が高めに設定されていますが、その分業者は少なく、モデルのような容姿レベルが高い女性に出会える可能性があります。

援交におすすめの出会い系アプリ・サイト

Jメール

Jメール

Jメールは出会い系サイト業界の中でもトップクラスの運営歴の長さを誇る出会い系アプリです。

女性の比率が高いのでライバルが少なく、まれに信じられないほど容姿レベルの高い女性に出会えることもあります。

メッセージ1通当たりの金額が他のアプリに比べると高めですが、掲示板には援交の隠語を使って相手を募集している女性が沢山いるので出会いやすいでしょう。

PCMAX

PCMAX

PCMAXは遊び相手や割り切りの相手を探す目的で利用する人が多いアプリです。

利用者の年齢層は20代~30代が中心で、援交目的の女性も多く登録しています。

アクティブユーザーが多いことで有名なアプリであるため、マッチングしやすく、やりとりがスムーズに進みます。

ワクワクメール

ワクワクメール

ワクワクメールはセルフィー認証という独自の本人確認システムを採用しており、業者を徹底的に排除することに力を入れているアプリです。

掲示板機能が充実しているので、アダルト掲示板を利用すればすぐに援交目的の女性を見つけることができます。

比較的年齢層が低めで、20代前半の若い女性が多く、お金目的で活動している女性も必然的に多いといえます。

管理人

PCMAXではフリーワード検索をすることができるため、援交にまつわる隠語で検索すれば、効率よく援交目的の女性を見つけられるでしょう。

イククル

イククル

イククルは累計会員数が1200万人以上と、会員数が多いことで有名な出会い系アプリです。

24時間365日、運営側がメールや電話で会員からの問い合わせ対応をしているという、サポートの手厚さでも高い評価を得ています。

イククルには「会える日検索」という希望の日時で女性を検索できる機能があり、会う日程を調整するためのやりとりが必要なく、消費ポイントを抑えてコスパ良く会うことができます。

援交におすすめのパパ活アプリ・サイト

援交におすすめのパパ活アプリ
  • シュガーダディ
  • ラブアン
  • Paddy
  • ペイターズ

シュガーダディ

シュガーダディ

シュガーダディは老舗のパパ活サイトで、パパ活をするならまずシュガーダディに登録するという人も多いサイトです。

会員数が多いので出会いやすく、援交目的の女性が多いので話が早くまとまります。

またパパ活サイトの中では比較的月額料金が安めの設定になっているので、初心者でも使いやすいでしょう。

スケジュールが空いている日を登録しておくとサイト側がマッチングさせてくれる機能があり、会う日程を調整する必要なくスムーズに会うことができます。

ラブアン

ラブアン

ラブアンは業界初の動画プロフィールを採用したパパ活サイトで、写真だけではわからない女性の雰囲気などを動画で確認することができます。

ラブアンはプロフィールに「交際目的」という項目があります。

「積極的」「相手の希望に合わせる」という項目を選んでいる女性は肉体関係が目的なので、スムーズに援交相手を見つけられるでしょう。

管理人

3日間600円で月額有料会員と同じ機能を利用できるため、どんなサイトなのか、どんな女性がいるのかちょっと試してみたいという人にもおすすめです。

Paddy

Paddy

Paddyは女性会員の質が高く、タレントやモデルの卵も登録していることで評判のパパ活アプリです。

月額料金に追加料金を払うと、女性ユーザーの通報歴を確認できるので、業者や写メ詐欺の女性を避けることができます。

またフリーワード検索もできるようになるので、「大人」などのキーワードで検索をして、援交相手を見つけることも可能です。

ペイターズ

ペイターズ

ペイターズは累計会員数1200万人を超える日本最大級のパパ活アプリです。

女性の会員数が多いので、自分の希望する地域や条件に当てはまる女性を見つけやすいでしょう。

ペイターズには「即会い」といって今日・明日などすぐに会える相手を探せる機能があり、メッセージのやりとりを必要としない、スピーディな出会いが可能です。

また徹底したプライベートモードがあり、自分が許可した相手にだけプロフィールが表示されるなど、身バレ対策も完璧です。

援交の条件相場

本番行為をした場合の条件相場
  • 出会い系アプリ・・・1.5万円~3万円
  • パパ活アプリ・・・2万円~5万円

援交の条件相場は、出会い系アプリとパパ活アプリでは少し金額に違いがあります。

女性の年齢や容姿レベルによって相場が変わることがありますが、パパ活アプリは出会い系アプリより少し相場が高めです。

管理人

コスパよく援交したいという人は出会い系アプリ、レベルの高い女性と援交したい人はパパ活アプリの利用をおすすめします。

援交相手を探すコツ

援交相手を探すコツ
  • 相場を理解する
  • 女性から条件を提示させる
  • 深夜か早朝を狙う
  • クレジットカードの支払日を狙う

相場を理解する

援交をする際は、基本的な相場の金額を頭に入れてから女性と条件交渉をしましょう。

相場の金額がわかっていないと、交渉の際に女性から高額な金額を提示されてしまうことがあります。

また自分から安すぎる金額を提示して、そのまま女性にスルーされてしまうことも考えられます。

ある程度相場の金額を理解しておいて、そこから相手の年齢や容姿レベル、プレイの内容などを考えて金額を上下させるようにすると良いでしょう。

女性から条件を提示させる

出会い系アプリで条件交渉をする際は、女性の方から金額を提示してもらうことをおすすめします。

援交に慣れている女性はあまり高すぎる金額を提示すると、交渉がまとまらないことがわかっているため、ある程度妥当な金額を提示してくる傾向があります。

コスパ良く援交相手を探したい場合は、女性が提示した金額に迷っている雰囲気を出すと、女性の方から値下げしてくれる可能性があります。

深夜か早朝を狙う

アプリの掲示板で援交相手を探す際は、深夜か早朝の書き込みを狙うと出会いやすくなります。

一般的なアダルト掲示板は仕事終わりの人を狙い、夕方から夜にかけて書き込みが増え、深夜や早朝になると少なくなる傾向があります。

夕方掲示板投稿をしている女性にメッセージを送っても他の男性のメッセージに埋もれてしまうため、深夜や早朝に書き込みをしている女性を狙いましょう。

管理人

自分が掲示板で募集する場合も深夜や早朝に行うと、夕方に援交相手が見つからず、深夜になってもいいのでお金を稼ぎたいという女性と出会える可能性があります。

クレジットカードの支払日を狙う

クレジットカードの支払い日が近くなるにつれ、出会い系アプリの掲示板などで援交相手を探す女性が増えます。

一般的なカードの支払日である毎月4日・27日付近には特に、支払いに追われた女性が援交相手を募集しはじめるでしょう。

切羽詰まっている女性の場合は、相場より安い金額で援交できることもあります。

援交をする時の注意点

援交をする時の注意点
  • 業者を避ける
  • 未成年を避ける
  • 条件をしっかり確認する
  • 性病に注意する
  • 身バレに注意する

業者を避ける

出会い系アプリやパパ活アプリは本人確認書類の提出が義務付けられていることや、運営側が万全のセキュリティ対策をすることによって、ある程度業者は排除されています。

しかしあの手この手でアプリに潜り込んでいる業者がいないとは言い切れないため、自分の身は自分で守る必要があります。

プロフィール写真がセクシーすぎたり、すぐに肉体関係を誘ってきたりするような相手は業者である可能性が高いので、避けるようにしましょう。

JKなど未成年を避ける

援助交際は相手が18歳未満である場合、児童買春や児童ポルノ禁止法に触れるため、犯罪行為であるとみなされます。

援交をする際は相手が18歳以上であるかを確認することが必要です。

ほとんどの出会い系アプリやパパ活アプリは、18歳以上でないと利用できないという規約があります。

しかし念には念を入れて、年齢確認や本人確認のシステムが特に厳重なアプリを選ぶようにしましょう。

条件をしっかり確認する

援交できそうな相手とマッチングしたら、実際に会う前にお互いの条件を確認し合う必要があります。

条件を先に確認しておかないと、いざ会ってから高い金額をふっかけられたり、そんな金額では行為に応じられないと女性がごねたりする可能性があります。

相場の金額を念頭において、女性とメッセージのやりとりをする中で条件を決め、会うまではそのメッセージを保存しておくと良いでしょう。

性病に注意する

援交相手と肉体関係を持つ時は、必ずコンドームをつけるようにしましょう。

相手が不特定多数の男性と援交をしている場合、行為によって性病をうつされる危険性があります。

自覚症状がない性病や、フェラなどの粘膜接触だけで感染する性病もあるので、定期的に性病の検査を受けることも大切です。

身バレに注意する

援交をしていることは、できれば誰にも知られたくないものです。

出会い系アプリで援交相手を探す際には、身バレしないよう細心の注意を払いましょう。

プロフィールに、自分だと特定できるような特殊な情報は載せないプロフィール写真を掲載しないことをおすすめします。

また相手の行動範囲が自分の行動範囲と被ることのないよう、少し離れたエリアを指定してプロフィール検索をし、普段の生活では出会うことのない相手を探すのも良いでしょう。

管理人

援交の女性と会う時は免許証などの身元がわかるような物は持っていかないようにしましょう。シャワー中などに財布から抜かれて、個人を特定されてしまう危険性があります。

まとめ

安全に援交相手を探すためには、出会い系アプリとパパ活アプリを利用することをおすすめします。

どちらも本人確認書類の提出が必要となるため、未成年に会ってしまったり、援デリなどの業者に引っかかったりするのを防ぐことができます。

誰でも登録できて、本人確認なしで利用できるSNSやオンラインゲームではなく、多少料金がかかっても出会い系、またはパパ活アプリに登録しましょう。

スクロールできます
アプリ
Jメール

PCMAX

ワクワクメール
会員数900万人1,800万人1,100万人
登録特典1,000円分付与600円分付与1,200円分付与
試してみる(R18)試してみる(R18)試してみる(R18)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次